日経平均、ダウ平均の求め方

過去に証券会社の先輩と新人のやり取りを聞いていて、日経平均はどんな平均かという質問について、新人は加重平均と答えたのにたいし、先輩は単純平均と言っていた。

そのやり取りで、単純平均といえばそうだけど、それだけでは求められないのになーと思った記憶がある。

詳しい求め方は他のサイトにあるので、省略するが、銘柄変更や分割の際に連続性を持たせるため単に銘柄数で割るのではなく、銘柄数から修正を加えた数、いわゆる除数で割る。


価格がまちまちな日本株ならともかく、100ドル前後の株ばかりのダウ平均が、数万ドルとかすぐに変だと思うのだが、日経平均を単純平均と思っても仕方ないのか、それとも新人に分かりやすく言ったのか。

配当についても、配当落ちによる下落があるため連続性を持たせる場合もあるが、日経平均、ダウ平均は配当落ちは考慮されていない。


またの機会に配当込みの指数に関しても調べたい。あと、日経平均のみなし額面についてもまたこんど。

除数で割ることは形式的には簡単に理解できるが、実際の取引においては、銘柄入れ換えはどのようないみをなすのか。

安い株から高い株に目以後らを入れ換えた場合
これの場合、除数が大きくなる。
したがって、入れ換えにか関わらない銘柄の比重が小さくなる。
つまり、安い銘柄全部と、他の銘柄少しずつ売って、高い銘柄を買うことを意味している。

なので、銘柄が変更された場合、ファンドなどはそのようなオペレーションが必要になる。


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

marine15

Author:marine15
調べても他のサイトに記載されていない事項について検証とメモを兼ねたブログ

ネットには有用な情報もあるものの、調べてもあまりヒットすることのない事項について自分で検証しその過程を残すためのブログです、また同じような情報を知りたい人も少なからずいるとおもわれるので、そのような方にとって一助となればと思っております。

基本的には、更新はスマホなので誤字等許してください

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク元
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: