LIBORについて

LIBORがなぜ問題となるか

Liborが過去問題となって逮捕者もでていることはご存知の通り

LIBORの決定方法は、ググってもらうとわかる通り、各金融機関による申請である。かつ、これが重要なのだが、実際には取引されていない金利である。

他の、国債や為替レートも引けねは、大体各金融機関の申請だが、それらは実際に取引されている、一方LIBORに関してはされていない。


具体的には、6ヶ月の資金重要がインターバンクで発生するだろうか?大体オーバーナイトで足が出たぶんに関しては調達しているのではないだろうか?

そもそも、機関投資家は資金重要なんてほとんどないし、証券会社はレポか無担で調達する。と私は思っているが、機関投資家の資金調達に関わったことはないので詳しい方いれば教えてください。

bidレートであるLibiidを検索しても出てこないことからも取引はないと思われる。
インターバンク取引で12.5bpのオファービッドがあるわけないと思う。

では、なぜLIBORが必要か。
事業法人への融資の際に、L+??bpとライボーを基準として融資されることが多い。
そして現状、Libor金利を指標に融資利率が決まることから必要となったと思われる。

しかし、融資の利率決定にLiborという中間要因を入れることは必要不可欠とはいいがたい。
単に、融資先のリスクを各金融機関が審査し、利率決定すればよいからである。

ただし、現在の金利の考えに、金利を、年限構造の要因と、各事業法人の信用リスクの要因に分けることが多い。
そして、年限構造とは、リスクフリーレートとはいわないけども、まず信用リスクのない仮想相手を対象に各年限の利率を決める。
それにプラスして各事業法人のリスクを上乗せする。

このような考えが一般的なので、インターバンク間の金利を、リスクフリーレートの代わりにする必要がからライボーが
あると考えられる。

国債の金利を指標にすればとも思うが、融資のコストや流動性などの差から、低すぎるので、高めにLibオファーレートが設定されたと考えられる。


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

marine15

Author:marine15
調べても他のサイトに記載されていない事項について検証とメモを兼ねたブログ

ネットには有用な情報もあるものの、調べてもあまりヒットすることのない事項について自分で検証しその過程を残すためのブログです、また同じような情報を知りたい人も少なからずいるとおもわれるので、そのような方にとって一助となればと思っております。

基本的には、更新はスマホなので誤字等許してください

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク元
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: